ホットフラッシュ対策に最適なサプリにはどんな成分が含まれているの?

ホットフラッシュ対策に最適なサプリにはどんな成分が含まれているの?

更年期障害の症状のひとつにホットフラッシュと呼ばれるものがあります。

ほてりやのぼせ、急に汗がダラダラ流れだすなどの不快な症状にお悩みで、外出もしにくいという方は、市販のサプリで対策することをおすすめします。

ホットフラッシュは更年期の女性にありがちな症状で、婦人科に行けば薬を処方してもらえますが、通院するのは面倒なので行きたくないという方にはサプリが向いています。

インターネット通販を利用すれば、わざわざ買いに行かなくても、自宅に届けてくれますし、好きなときに飲むだけで効果があるので、ほてりやのぼせ、発汗などの症状を抑えたいときは利用するようにしましょう。

西洋医学と東洋医学でホットフラッシュの原因の解釈は違う?

西洋医学ではホルモンバランスの乱れが、ホットフラッシュの原因と考えられていますが、東洋医学では冷えと血の巡りが悪くなったことを原因に挙げています。

漢方で、冷えと血の巡りの改善に用いられるのは高麗人参なので、このエキスを配合している商品が多くあります。

高麗人参には、サポニンという女性ホルモンの分泌を活性化する成分も含まれているので、定期的にサプリで摂取すれば、更年期障害の改善効果を期待できます。

ホットフラッシュの症状だけでなく、冷え性や肩こり、腰痛などにも悩まされている方は、血の巡りを良くすることが大切なので、田七人参のサプリを摂取するようにしてください。

田七人参は中国でも古くから用いられてきた貴重な生薬で、血行不良の改善や、血管の弾力性を高めるなどの効果があるといわれています。

全身の隅々まで血が届きやすくなるので、更年期障害のあらゆる症状の緩和に役立ちます。

最近はホットフラッシュ対策に大豆イソフラボンに注目が集まっている

女性ホルモンのエストロゲンは、加齢により、どんどん減っていくので、そのせいで自律神経がバランスを崩し、体温の調節がうまくいかなくなるために、ホットフラッシュなどの更年期の症状が起こると考えられています。

大豆イソフラボンはエストロゲンと似た働きをするので、この成分を積極的に摂取すれば、症状を和らげるためのサポートが出来るでしょう。

大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをするので、更年期の症状を和らげたいときにおすすめですが、近年の研究では、イソフラボンが腸の中で代謝されて生成される、エクオールという成分にその効果があることがわかってきました。

エクオールは体質により、作れる人と作れない人がいるので、作れない人がイソフラボンを摂取してもあまり意味がありません。

イソフラボンを摂取しても効果を実感できない人は、エクオールのサプリを摂りましょう。