ホットフラッシュっていつまで症状が続くものなの?

ホットフラッシュっていつまで症状が続くものなの?

更年期の時期になるとさまざまな症状がでることがあります。ホットフラッシュも症状の一つですが、症状が出て通常は数十秒から10分程度で収まるものです。

長時間、症状が続くわけではありませんが、更年期の時期では閉経前や閉経中に始まることがあり、閉経後になると徐々に発生する頻度や症状なども軽減していくことになります。

基本的に、発症し始めて5年前後で症状が治まります。

ホットフラッシュは再発する可能性もある

ただし、個人差もあるため閉経後でもホットフラッシュの症状に悩まされる場合があり、一時的に症状がでない期間があっても、その後再発するパターンもあります。

更年期障害としては、ホットフラッシュ以外にも身体の不調につながる症状がでることもあり、年齢から考えても生活をするうえで不自由な思いをすることもありますが、基本的に無理をしないことや生活習慣を改善していくことが重要です。

ホルモンバランスが乱れてしまうと、身体の機能において悪影響になるため、できるだけホルモンバランスが安定するように生活習慣の改善をしていくことが大切です。

規則正しい生活をすることで自律神経やホルモンバランスの安定をはかりましょう。

更年期の場合には、激しい動きをするスポーツなどは身体に対しての負担が大きくなるため、ウォーキングやストレッチなど軽めの運動や身体の柔軟性を保つことも怪我の予防、そして体調を整えることに役立ちます。

生活習慣が乱れることで、病気にかかりやすく生活習慣病などになってしまうと更年期障害だけでなく身体に起きる様々な症状に悩まされることになるでしょう。

加齢とともに落ちてくる体の免疫力を高める工夫をしましょう

生活習慣を改善していくことで身体の機能をできるだけ正常化していき、健康の維持につとめ症状が悪化しないように自分のペースで対策をしていきましょう。

食生活でも栄養バランスのとれた食事をすることは、健康の維持につながります。高齢になることで体力や免疫力の低下なども心配ですが、自分の生活状況や体調などもきちんと考えて栄養バランスのとれた食事を日々、心がけていきましょう。

ホットフラッシュなど身体に症状として出てきた場合には、あせらずにその症状が悪化しないように、自分にできる対策を考え行動していくことが大切です。

人によって体質なども違うためすべての人が同じ対策をして同じ効果が得られるとは限りません。原因を知り、どのように対策をしていけばいいのかを自分で判断していくといいでしょう。

医療機関に頼るという選択肢もありますが、自分でできる対策もあります。

健康を意識しながら体調管理をきちんとできるように対策をしていきましょう。