更年期のホットフラッシュには漢方が良いって本当?

ホットフラッシュの対策には漢方がおすすめ?

一言でホットフラッシュと言っても個々によって見受けられ方には違いがあり、全身が熱くなってしまう方が居る一方で冷えを感じたり動悸を訴える方も居ます。

更年期と言えばホルモンの絶対量が不足することで引き起こされるのはよく知られていることから、外部から摂取可能な貼り薬もしくは錠剤を服用することが有名ですが、様々な検査を行う予定があったり病気に見舞われている方は使用不可です。

そのため対処したいのに実行できないというジレンマに悩まされてしまうことになるのですが、そういった問題を解決してくれるのが漢方の存在です。

そこで大切になるのは今一度ホットフラッシュの様子について整理することであり、正しく知ることで最適な漢方が選定できるようになります。

更年期の症状は主に3つに分類される

更年期は大きく分けると3つになり、一切の予兆が無い突然型をはじめ決まった時間に生じる定時型、お仕事など集中しなければならないシーンに起こるシチュエーション型があります。

これらの中で少々の緊張感を覚えたり、無意識的に身体が熱を持ってしまうことをホットフラッシュと呼び、睡眠中であっても大量の発汗をしてしまうことから穏やかに眠ることすらままなりません。

やはり年齢を重ねていくことによる女性ホルモンの減少が起因であり、結果として自律神経に狂いが生じ血管の収縮が困難になってしまうことで不調になるのです。

不必要に血管が拡張されてしまった時は保冷剤などで冷やして対処する方も居るのですが、あくまでも一時しのぎにしかならず根本的な解決にはなりません。

今日では悩める患者が多いので医療機関などでも治療が行われているのですが、更年期による不調よりも副作用の方が辛かったという意見もあるため気軽に依頼できるわけではありません。

しかし、漢方薬ならほぼ副作用に見舞われる恐れがないのに、ホットフラッシュを元から改善させられるのです。

漢方で更年期対策をするメリットとは?

中でも大勢の方々に実際に選ばれているものは、更年期が及ぼす特有のイライラした気持ちが無くなる上に、穏やかに効果が得られることから長い間お世話になり続けられます。

そして、意味もなく怒りを感じる上に気持ちが落ち込みがちになってしまうという方も多いのですが、漢方なら憂うつな心情をクリアにしてくれる効能も持っています。

さらに、肩こりや腰痛といったように物理的に筋肉に痛みや凝りが発生している時は筋組織を柔軟にしてくれる漢方もあるので、健やかに各部を動作させられるようになります。